スポンサードリンク

2007年07月28日

草刈

梅雨から夏にかけての一仕事・・・それは草刈。
雑草は強い。見る見る伸びていくんです。

この庭だって、2〜3週間前に刈ったはずなのに、もう草ぼうぼう。今日また草刈りました。
我が家の庭を刈るだけでも2日がかり(決して広いからではなくて、暑くて長時間刈ってられないからです。)

この刈った草は堆肥と混ぜて畑や花壇にすきこみます。ヤギの餌にもします。




雑草も再利用



DSCN1016.JPG

雑草だって、本当は自然界にとっては必要なものなんですよ。(これ、うけうりです。)

自然農法では、雑草も使って自然のサイクルを作り出し、土の本来持っている力を取り戻すことをするんです。(自然農法については、また別の機会に書こうかな・・・って思っています。)

だから我が家では、雑草も綺麗に刈り過ぎないようにしています。(本当は、綺麗に刈るだけのずくが無いだけ・・・。)

注)ずくがない・・信州の方言です。まめに良くやる人のことを「ずくがある人」、逆に、めんどくさがってあまりまめにやりたがらない人を「ずくのない人」と言います。

草刈も、ただ雑草が邪魔だからと刈り取るんなら、ただめんどくさいだけの仕事ですが、この刈った雑草が、利用できると思うと重い腰も上がります。そして庭が綺麗になれば一石二鳥いや、肥料・ヤギの餌・庭が綺麗になる・・・となると一石三鳥かな。

自然の中には無駄なものなんてないんですよ。なんでも利用できるんですよ。その利用法・活用法を見つけていくのがまた楽しいんですよ。つけていくのがまた楽しいんですよ。


ラベル:草刈 雑草
posted by ウッディーK at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。