スポンサードリンク

2007年07月22日

ご近所付き合い

田舎での暮らしでは、まだ隣組(今で言う自治会)がある。なにかかれば、ご近所で助け合う仕組みだ。

今日、近所でご不幸があり、隣組が集まり葬儀の手伝いの打合せをした。我が家ももちろん参加した。
田舎では、結婚式は大抵式場に頼んでしまうが、葬儀はまだまだ隣組が手伝いに出ます。地域によっては小学校の給食費の集金なんかも隣組単位でやったりするんですよ。

5f916b25ae57379e359808c012257177_s.jpg



けれど、最近都会から転居されてきた方の中には、このご近所付き合いがいやで隣組に入られない方も増えてきていると聞きます。しかし、私は大切なし関係だと思いますよ。

特にお子様のいる家庭では、ご近所が一緒になって子供のことを見守っていただけます。また、お年寄りのいる家庭や一人暮らしの方などは、ご近所で助けてくれますから。

でも、これは日頃からご近所との付き合いができているから。

それに、どこぞの都会みたいに、隣に誰が住んでいるかもわからないなんて嫌じゃないですか?(それが気兼ねなくていいって人もいるようですけど・・・)ご近所皆顔見知りっていいもんですよ。

先日も、娘の変わりに犬の散歩をしていたら、通りすがる人みんばが「今日はねえちゃんどうしたや?」とか、「今日は父ちゃんが犬のおこもりか!」って声かけてくださるんですよ。毎日娘が犬を散歩しているのを皆さんが見ていてくださるからですよね。ありがたいことです。(感謝!)

これから、田舎暮らしを始めたいと思っている方は、是非ご近所と上手に付き合っていきましょうね。


posted by ウッディーK at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。