スポンサードリンク

2008年02月12日

別れ・・・

先日、家内の父が他界しました。

癌であることがわかり、もう数ヶ月・・・と医者に言われたのが先月の終わり。

できるだけ家で見てあげたい・・・そんな義母の希望もあり、先週初めに退院して来たばかりだったのに。

あまりに突然の出来事に、親族一同動揺を隠せずにいました。




人の一生・・・そして生まれ変わり



私は祖父母を20歳過ぎてからなくしているので、人の死というもに対しては直面してきた。

けれど、今回の義父の死を前にして、今まで考えても見なかった思いが色々立ち込めてきました。

その一つが火葬。

人は最後は火葬されて骨となり、骨壷におさまって墓に入る。

当たり前に今まで見てきた光景なのだが、今回はなぜか不思議に感じた。

山暮らしを始めて、自然のサイクルを身近に感じるようになってせいなのだろうか?

普通、動物達は命尽きた後は自然と土に帰るのを待っている。時間と自然の力を借りて大地に帰るものだ。

けれど、人間だけは火葬され、壷の中に入れられ墓石の下に葬られる。

これは、魂亡き後の身体は自然に帰ることができないのではないかと・・・。

だからどうだという事ではないけれど、私ならどうされたいかな・・・?って考えてしまった。

人間も自然界の生き物の一つであるはずだから、自然の中に帰りたい。

そして、また魂がこの大地に降り立つ日迄、自然と一体になって休みたい。

たぶん、これは今の社会では認めてもらえない考え方なのだろうが・・・。

でも、骨を拾った後の灰だけでもいいから、私は大好きな渓流に流してほしいと思った。

お薦めサイト

長野県大町市の渓流釣り情報サイト「信州の渓流釣り 隠れスポット大町

お薦めブログ

釣りに興味のある方は「信州・渓流釣り三昧
ハーブに関心のある方は「ハーブのある暮らし」も是非読みにきて下さい。




このブログ検索サイトのランキングに参加しています。よろしければクリックしてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ
ブログランキング


posted by ウッディーK at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。